喉の淋病検査の潜伏期間

淋病はノドにも感染する

近年、淋病は感染者数が増加して問題となっている性病です。淋菌は抗生物質で治療が可能ですが感染力が強いので、感染拡大の傾向にあります。特に注意すべき点は、淋病が喉にも感染することです。オーラルセックスでも感染してしまうのです。コンドームを着用しての性行為でも、舐めたりするときにコンドームをしてなければ、感染する可能性があるのです。淋菌の感染が心配な場合は、病院での検査をお勧めします。しかしながら、時間的な都合や精神的に病院へ行きづらいということもあります。そういうときは、喉の淋病検査キットを利用して、淋菌の感染をしらべることができます。喉の淋病検査キットと性器の淋病検査キットは、検査方法が異なり、別々の検査キットになります。

 

淋病 喉の淋病検査キットの詳細はこちら